たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
mastersin
mastersin

感無量

アミーゴ発表会のDVDを観てます。
やれ嬉しや、私には、こんなにたくさん一緒に歌う仲間がいるではないか。
リハ冒頭の準備運動から収録してるんだ。あ、魚眼レンズ集合写真撮ってる!
表現って難しいんだね、やってるつもりでも全然まだまだだワ。
たった半年前なのに、てっちゃんが別人だ。
…あれ、半年前? ってことは次の発表会まで半年ってこと?

ええと、感無量というのは、そのことじゃないです。

小学校1年生からフラを習っている娘。
中学校3年生にして、軽めのコンペですがソロ部門にエントリーすることになりました。
同級生で幼稚園から習っている子とそれぞれエントリーして、まさかのガチンコ勝負。
というのが、感無量。

いやいや、そうは言っても部活に青春を持って行かれている娘、日頃の意識が違います。
基礎力も表現力も、とても太刀打ちできません。
しかもお友達、美少女です。ほっそりした体つきに彫りの深い顔だち。
対して、なんだか色々私に似てきてしまっている娘…。
しかし!
お友達、非っ常~にもったいないんですが、本番アガルたちなんですよね!(←なぜかドヤ顔気味で)
娘のほうが圧倒的に、本番に強いです。何なんだよ普段から真面目にヤレヨ!と思いますが、練習、いや当日リハと比べてさえ、本番のステージ上の娘は別人になります。

つい先日、今高校生の憧れの先輩がソロでコンペに出て、他教室の大人たちや、なかにはインストラクターまでエントリーするなか、堂々と勝負していました。
娘もいつかあんなふうに…と思っていたら、思いがけず直近で、中学3年生までという年齢制限ジャストなコンペがあるということで、先生からお話があったのでした。

どう、やりたい? と先生に聞かれて、照れ気味に「はい」と答えた娘。

その気持ちに嘘はないと思うんだけど、実は最近「高校生になったら、フラどうしようかな」と言い出しています。
部活のほうが大事、と。

私は、フラを続けてほしいです。
だけど娘の人生。一度きりの中学、高校生活。

私、物心ついたときにはピアノを習っていたけれど、努力する才能は皆無で真面目に練習しないものだから、一向に上達しなかった。
もうやめたい、とたびたび父に直談判しては「駄目」と一蹴され、でももうこれ以上日常がピアノの犠牲になる生活に耐えられない、と本格的にギブアップしたのが高校1年生のときでした。
父は私を音大に入れたかったんだけど、私はただただ、やめたかった。
そして部活やアルバイトをやりたかった。
学校帰りに本屋や雑貨店を覗いたり、買い食いしたり、友達と出かけたり、したかった。
それを思い出すと、親の意向を押し通すのは違うのかなとも思えます。

しかし娘はフラに対して、そんなに苦しんでいるようには見えないのです。
家で練習なんて1分たりともしてないし。熱意をもって取り組んでいるとはお世辞にも言えないけど、イヤだというほどでもないんでないの?と。
普段からコンペを意識してるような教室だと週4回2時間なんてのも聞くけど、娘のところは月3回1時間のレッスン。
その程度だったら続けて良いじゃんかー?と思ってしまう。
一方、その程度だったらやめても良いという考え方もできるわけで、「どうしようかな」と、私に対して口に出してくるまでに、やはり迷いや葛藤も経てきたんだろうし…。

ちょっとどう考えていいのかな。
というか、黙ってないで話し合わないとね。
子育てって、大きくなったら楽になるものだと思っていたのに、次から次へと悩みは尽きないものですね。
  


  • 2017年07月31日 Posted by mastersin at 01:03Comments(0)

    忙中閑なし

    なくて普通じゃないですか、忙中ですよ忙中。

    という年度末の日々を越えて今日、自治会の総会が済みました。
    資料も荷物も後任の方にお渡しして、副会長解任です。

    大抵の役員関係は、面倒でも「ここで暮らす以上は」と納得して引き受けてきたつもりですが、今まで経験したどんな役員とも勝手が違いました。
    予算もドンと割り当てられ、さまざまな立案や決断を迫られながら相談相手もなく、独りぐぉぉぉと思い悩んでいた時間の多かったわりに、振り返ればこなした項目数は意外とショボイ一年でした。

    この日を迎えた暁には劇的にホッとするだろうな!と思っていましたが、なんか、ただただ呆然としています。
    総会を終えて昼過ぎに帰宅したら、娘が「お昼ゴハン」とホットケーキを焼いてくれていました。
    それ食べたら目が開かなくなり、息子の布団が敷きっぱなしのところに潜り込んで30分程マジ寝。
    娘に揺り起こされてハッと目を覚ますと、義父がトイレの介助を呼んでるではないか。
    トイレが終わったら、プルプルと2階への階段を上がろうとする義父。ちょっちょっ、お部屋(もちろん1階)に戻りましょうか。
    最近、私と娘がごっちゃになるらしく「僕の記憶では、あなたの小さい頃の印象しかないから」とか言ってくる義父です。

    あとは児童館の会計監査&総会と、中学校PTAの引き継ぎ&総会…  


  • 2017年07月28日 Posted by mastersin at 00:09Comments(0)

    風邪引いた

    という独り言です。

    昨夜お風呂上がりに、パジャマで夜遅くまで部屋を片付けていたせいだと思います。
    ちょっと冷えるな~…と思いつつ、一枚羽織るのを面倒がったのがいけなかった。

    室温約18℃、窓を締め切っているのに寒くて寒くて、ついにストーブつけました。
    いいんだ、残ってる灯油を使い切るんだもん。
    おおぅ、なんて快適。暖かいって、正義だ。
    今日は午後時間が空いていて、お茶とお菓子持って近所の公園に一人お花見に行く気だったんだけど、外は風が冷たいのでアッサリ中止。
    お花見って、寒いですよね基本的に。

    40歳すぎた頃から急に、ちょっと寒いのを我慢しているとすぐ風邪引くようになってしまいました。
    私の風邪は鼻の症状から始まることが多いので花粉シーズンは判別しづらいのですが、何度か繰り返すうちに「これは風邪」と分かるようになってきました。

    …という話をこないだ実母にしたんですよ。
    そのときの反応。


    えっ…風邪って…寒いから…風邪…???
    寒いからって…えええ~…か、か、風邪っていうのはァー!!!!!(←私「ビクッ」)
    風邪っていうのは、風邪のバイキン?に感染するからかかるんでしょ?(←私「!?」)
    …だから、寒いのは、関係ない…わよ、ね…???


    どはあああああ! その通りですよー!
    エスキモーは風邪引かないって言うもんねぇ。
    「あったかくしないと風邪引くよ」って、子供にうるさがられても着せようとするのが、親ってもんじゃないのか…

    しかし昨夜から今朝にかけて頑張った甲斐あって、だいぶ自分の机周りも片付きました。
    旧年度の、もう必要ない資料から、なんのためにとってあったか分からないプリント類まで…紙ってあっという間に、大量に溜まるんですね。
    これからは日常を平常運行しつつ、ここ3年ばかりほとんど手を付けられなかった布切れやレース糸の大量の不良在庫をなんとかしていこうと思います!

    そして娘のコンテスト出場まであと20日あまり。
    昨夜のレッスンのビデオを、今夜本人と一緒に観るよ!
    やってるつもりだけど出来てないところ、逆に意外にいけてるので自信もって良いところを、ちゃんと把握しましょう。
    先生も、教室の大人メンバーも、よってたかってサポートしてくれてるんだからね!  


  • 2017年07月19日 Posted by mastersin at 03:02Comments(0)

    アミーゴ練

    息子を試合に送り出し、オフの娘を執拗に誘うもアッサリ振られて、ひとりアミーゴ練へ。
    こうなってきた当初は、身軽だー! 身軽だー!といちいち感動していましたが、すっかりこれが普通になりつつあります。

    バスに乗り込む瞬間に筆記用具を忘れたことに気づき、駅前の有隣堂に駆け込んで0.9mmという太いシャーペンを購入。
    いつも鉛筆を使っているので、このくらいのほうが感じが近いかなと考えたんですが、思った以上に良いですね。

    あったかいので外でお弁当、風が吹くとハラハラハラハラと桜の花びらが落ちてきますが、すっかり残り僅かになっている花が、それでも見る間に減って行く気がしないのがいつも不思議です。
    なんなんでしょうね、あの無尽蔵な感じは。
    隣の代々木公園でなにかイベントでもあったのか、駐車場渋滞がすごかったようです。

    練習。
    少なっ。
    カルテットですらない。人数でいえば4人はいるけど、パートが揃ってない。
    「発声兼音確認」とかいってアンサンブルになだれ込んでしまいましたが、ここ最近の「朝ドラ!」キャンペーンの甲斐あって、朝ドラ曲はまあまあ耐え抜けました。
    しかし私は、自分の声が裸になるとビビるんでしょうかね。年々「ここぞ」というところで頼りなくなっているように思います。
    「花束を君に」の冒頭とか、アルト主旋律のところはもっとドヤっ!と歌いたいのはやまやまなんですが。昨日の練習音源がアップされたら、転げ回って悶える自信がある…

    そして朝ドラキャンペーンのしわ寄せが他の曲に来ているのです。
    「捧げる言葉」は、私は一度ピアノなしで合わせたんだっけ。なんかできてる気になっていましたが、ピアノがついてる音源を聴いて行くべきでした。あんなにマゴマゴしてしまうとは思わなかった。

    なんてことをやってるうちに少し人数も加わりましたが、それでもピアニスト氏が目をみはる少なさでした。練習後の諸連絡のときの輪の小ささが、少数精鋭すぎました。

    そして本厚木駅前のマツキヨで、激安のクリーム玄米ブランとミンティアをしこたま買い込んで帰り、子供たちが早速山分け。
    腹ぺこ3名でワーっと夕食の支度。朝だいぶ下ごしらえして行ったのと、駅から指令を出して煮物を温めたりしてもらっていたので、超高速。
    息子が試合でシュートを打った(決めた、ではない…)話と、娘がフラの練習をがんばって自分で動画も撮ってチェックして動画は消去した(なぜ)話、などを聞きながらテレビは鉄腕ダッシュで、いつもの日曜の夜となったのでした。

    さて今日は、雨が降ってこないうちが、いろいろと勝負です。  


  • 2017年07月12日 Posted by mastersin at 01:02Comments(0)

    「ちょっと緊急事態」

    それは、夜中の1:30頃から始まりました。

    目覚ましとして枕元に置いている携帯が、ピロピロと歌い出しまして。
    メールの受信音ではなく、電話の着信音です。
    ちょっと警戒して取らずにおいて、まずは留守電をチェック。

    「こちら○○ホテル(聴き取れない)と申しまして、ちょっと緊急事態が発生しましたので、このメッセージをお聞きになりましたら折り返しご連絡をお願いします」

    ふむ。これ信じろって方が無理でしょ。
    その番号を「170422ちょっと緊急事態」で登録し、再度寝に入ったわけです。
    が、これが何度もかかってくる。30分~1時間おき、6時台に突入すると10分間隔(音は切りました)。

    PCで電話番号検索をかけると、品川駅近くに実在する宿泊施設がヒットしました。
    ああ、言われてみれば確かにそう名乗ってるね。
    なかなかの営業テノールなんだけど、そこだけどうも何を言ってるのか分からなくて。

    これ、本当に緊急事態だとしたら、考えられるのは、夫が仕事でそこに泊まっていて、なんらかのトラブルが起こった、というのが第一の可能性。
    留守メッセージも最初の全く要領を得ない1件きりなのでまぁ考えにくいけれども、万一「なんで出なかったかー!」と後々悔やむような事態だとしたら…
    生存確認のため、7:00過ぎにメールしてみました。

    ふむ。普通に返事が返ってきた。

    そして、7:00過ぎたらパッタリと止みました、「ちょっと緊急事態」。
    なんだったのかサッパリ分かりません、「ちょっと緊急事態」。
    着信履歴がスゲェ埋まってますよ「ちょっと緊急事態」。
    今は大丈夫ですが、夕方絶対に眠くなりますね、これ。
    やっぱり目覚ましは携帯アラームじゃなく、ちゃんと目覚まし時計を用意すべきかなぁと思いますが、しかし実際に夜中に緊急の電話が来る可能性って、ないわけじゃないわけで。  


  • 2017年07月09日 Posted by mastersin at 01:00Comments(0)

    学校ボランティア

    毎年この時期に、小学校のボランティア募集のプリントが配られます。
    本の読み聞かせ。
    ミシン学習の助手。
    花壇の手入れ。
    プール清掃。
    など。

    こーゆーのだったら、いくらでも手伝うけどな~と思いつつ、小学校の保護者やってた今までの8年間、一度も募集に応じたことがありませんでした。
    娘が低学年の頃は、私が幼稚園で活躍しすぎていて。
    息子が入学して娘が高学年になった頃からは、毎年かけもちで何らかの役員に就いてしまっていて。
    やればできるものだったかも知れないけど、物事を増やすことに臆病になっていた部分はあります。
    どうせ毎回直前に何か入って、全然行けないに決まってるんだゼ~、みたいな。

    今年はいよいよ息子が6年生。私も小学校の保護者としてラスト1年です。
    まー最後くらいやっても良いかな~と、ちょっと考えています。
    学校に協力的な保護者ゲット! 来年度PTAどうですか!? というリスクももうないし。

    それに、自分も含めてですがお母さん方みんな忙しくて、幼稚園卒園後も続いていた手芸サークルも数年前に休止状態になったり、私自身が家族以外の人間関係から隔絶されていて、ちょっと良くないなぁと思っていたところでもあり。

    ただ、今まで関わってこなかったので、どんな保護者の方が、何人くらい関わっているものなのか、全く知らない状態なのが気がかりと言えば気がかりです。
    息子に聞いても「うーん、誰かのお母さんが、やってるらしい」しか言わないし。

    ちなみに今年度は中学校からも同様の募集がありました。
    生徒数もクラス数も減ってるので、PTAの委員も今年度からちょっと減らしたんですよ。
    で、何かの折に単発で手伝ってくれる人募集という。
    ええと、これを無視してるわけではないのです。今年度は小学校で、と考えているので。

    うーん。
    まぁ行けなきゃそのとき「行けません」て言えば良いんだもんね。  


  • 2017年07月02日 Posted by mastersin at 00:05Comments(0)

    移動図書館

    めちゃめちゃ久しぶりです。
    もともと隔週なのですが、1回は私の都合が付かず、1回は雨天中止で、2回飛ばしてしまったので6週間ぶり。

    最近、なつかしの少女マンガを拾い読みするのが楽しみです。
    何を、と狙って行くのではなく、そのときに置いてあるもので、できれば何巻か続けて読めるもの。これまで「のだめカンタービレ」「動物のお医者さん」「あたしンち」など。

    昨日借りたのは一条ゆかり「有閑倶楽部」18・19巻。
    いやぁ、豪快でハチャメチャでくだらなくてチョット危ない感じで、楽しいですね。
    マンガはこうでなきゃ。

    そしてなんと、美内すずえ「ガラスの仮面」46・47・48巻。30年ほど前に(TAMに借りて)読んでいた当時は続きが待ち遠しくてならなかったものですが、今となっては、絵柄の昭和感も込みでほぼコワイもの見たさです。
    ええとそれでこの話、もう完結したんですっけ?とググってみたら、2012年に49巻が出て、50巻は出るような出ないような情報ばかりで、…まだ出てないんですか?
    しかし、マヤちゃんも亜弓さんも真澄サマも桜小路くんも、相変わらず色々大変ねぇ。

    …えっ?
    はいそうですね、一夜明ければマンガ5冊読破しているダメ主婦の鑑です。
    小説も数冊借りているので、まぁそれは追い追い。2週間以内に。  


  • 2017年06月24日 Posted by mastersin at 01:02Comments(0)

    引き返すべきだったのでしょうが

    「鯨分限」という小説を思い出しました。
    伊藤潤著、光文社。

    現在の和歌山県太地町で、捕鯨が人々の生業であった頃の話。太地町といえば今もイルカ漁で耳にすることがある地名です。
    いかにも豪快で勇壮なクジラ漁の物語かと思いきや、実在の人物だと言う漁師の棟梁の、苦悩また苦悩の物語でした。

    もう図書館に返してしまったので記憶が曖昧ですが、不漁続きの太地の沖に、久しぶりの鯨が現れます。
    出漁の判断は湾を望む山腹の見張り所と連携するのだそうで、獲物との距離、天候急変の兆しなどを見張り所で見極めて「○」または「×」の旗を揚げ、船団はその指示に従う。

    その日、見張り所から沖の荒れ具合を見た棟梁は「×」の旗を揚げさせました。
    ところが、これを仕留めれば村の暮らしはどんなにか…と諦めきれなかったものか、老船頭率いる船団は引き返さず、嵐の海で遭難してしまった。

    各方面に捜索への協力依頼、火の車の財政難のなかその費用の工面に奔走する傍ら、棟梁は家族を失った村の者たちから、それはそれは責め立てられます。
    なぜ行かせた、危険を承知で欲をかいて「○」の旗を揚げたんだろう。

    しかし棟梁は真相を知る者には固く口止めをし、自らも決して語らない。
    船団が「×」の旗に従わなかったことを話してしまえば、責任者だった老船頭の家族はどうなる、と。

    人々の上に立つとはなんとしんどいことか。
    棟梁は信念を貫いたのですが、しかしこの苦悩はあまりに深すぎる。
    どうしたって帰ってこない人は帰ってこないし、悔やんでも悔やみきれない。   


  • 2017年06月12日 Posted by mastersin at 18:37Comments(0)

    あけおめ2017♪(о´∀`о)

    新年あけましておめでとうございます(о´∀`о)

    昨年はオレのおバカな投稿にお付き合いいただきましてホントにありがとうございました♪

    今年もネタが続く限り(笑)ネタ提供していきたいと思います(´゜艸゜)ププッ

    って昨年も一昨年も書いたっけなあ(´゚艸゚)∴ブッ

    今年も稲葉さん、松本さんのツアーがあるので、既に有頂天になっております(≧∇≦)

    昨年同様に今年も良い1年にしたいと思います(*´艸`)

    皆様、今年もよろしくお願いします(  ̄▽ ̄)  


  • 2017年01月02日 Posted by mastersin at 14:29Comments(0)

    13年ぶりの買い換え



    今日近くまで来たのでふらっと気まぐれに東雲のライコランドに寄ってみたら買ってしまった…

    RX-7X!

    しかもケーニーロバーツモデル

    まえまえからこのカラーリングが気になっていたけどヤマハ乗ってないのにケーニーモデルを買っていいものかと思って悩んでいたところ、ベテランオーラ半端ない店員さんの

    「ケーニーロバーツほどのレジェンドならメーカーなんて気にしなくていい!(意訳)」

    とのお言葉をいただき衝動買い

    いままで19歳の時にV-MAXと同時に買ったomniJだったのに一気にフラッグシップモデルである

    しかしこのメット、高速走行した時の頭の安定感がすごい!メットでここまで変わるのかとちょっと感動

    本当はカラー違いの限定モデルもあったのだけど、それが赤メインのカラーリングだったのでドゥカティにはしつこいと思い通常モデルのイエローに…限定って言葉…いいよね

    ただイエローと白、黒の組み合わせはかなり気に入っているので無問題!

    あとはエンジニアブーツが欲しいなぁ…
      


  • 2016年12月04日 Posted by mastersin at 21:07Comments(0)